» 運営者情報  » 運営理念  » twitter  » RSS  » 全記事一覧  » ホーム

ドル円8時間足での戻り売り&30分足でのトレンドライン下方突破で+110pips

ドル円8時間足での戻り売り
&30分足でのトレンドライン下方突破で+110pips



こんばんは。黒洲三郎です。
自分の風邪が家族にもうつってしまい、
今は一家でゴホゴホいってます・・・


普段から健康管理には留意していたつもりですが、
今回は寝冷えが原因でまず自分が風邪をひき、
8か月の息子に移り、次に奥さんに、
そして次に長女に・・・


本当に申し訳ないことをしました。
自分の責任です。


家族を守る立場の自分が、
自分の不注意で家族に迷惑をかけるなんて・・・


今後は健康管理にさらに気をつけようと思います。
そして、手洗い・うがい・マスク着用といった
基本的な感染予防から見直して習慣化しようと思います。


■ドル円8時間足での戻り売り
&30分足でのトレンドライン下方突破で+110pips



2014年1月29日、水曜日に行ったトレードです。
ラッキーでしたが、結果的には自分のシナリオ通りに動き、
比較的大きな利益が取れました。


個人的には水曜日のトレードはこれまで勝率が悪く、
イメージが良くなかったのですが、
今回のトレードを機にこうしたマイナスイメージも
払拭していきたいです。


狙ったのはドル円、8時間足での戻り売りが狙えるかな、
と思ってみていました。


以下がドル円8時間足のチャートです。


2014年1月30日ドル円8時間足戻り売り狙い


前の陽線は20MAで頭を抑えられていました。
そして次の陰線もやはり20MAで頭を抑えられていました。
この陰線、やや下髭が長いのは気にはなりましたが。


そしてフィボナッチリトレースメントで計測すると、
この20MAの辺りがちょうど前回の下落の50%戻しの位置。


20MAでの戻り売り、を狙える場面と判断。


そして視線を短い時間足へ。
30分足を見ていました。


2014年1月30日ドル円30分足トレンドライン下方突破




綺麗にトレンドラインが引けます。


ここを下に突破するかどうか、という攻防でしたがが、
8時間足での戻り売りを根拠に、突破以前にショート。


その後一旦上に動くもすぐに下方ブレイク。
さらにトレンドラインのロールリバーサルで、
上値を抑えられてその後は一気に下降していきました。


○印で2段階で利食い。
ひとつ目の○は、前回安値の節目。
一旦ここで決済し、+51.9pips


次の○印は、節目の102.00に近づいたこと、
深夜にFOMCを控えていたことを理由に決済しました。
+110.1pipsでした。


■無駄打ちを減らすのが課題


実はもう1トレード、AUD/USDのショートでも現在は含み益が出ていまして、
こちらは1月30日現在ポジションを保有中です。


AUD/USDは最近、緩やかに上下しているものの、結局後からみると綺麗なトレンドの
動き、ということが多いので、少し気長に見ています。


今回のUSD/JPYのトレードとAUD/USDのトレードで、
今週も恐らくはプラスで終わりそうですが、
まだまだ自分のトレードは無駄打ちが多くていけません・・・


自信がもう一つな時、損切り幅の広い時はロットを落としてエントリーしていますから、
実はトータルpips数でマイナスの時でも収支はプラス、
ということになるのですが、
そうした根拠の薄いトレードを如何に減らしていくか、
が今後の自分の課題です。


関連タグキーワード: No Tag
記事がお役に立てばブログの応援お願いします!

FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ
この記事へのコメント

コメントを書く

  

非公開コメント(

この記事へのトラックバック
URL : http://affiliplusinvest.blog.fc2.com/tb.php/52-7e6c0ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
インフォメーション
Copyright © 「ケイゾク」FX~裁量トレードは継続こそ命! ~~投資詐欺で借金1549万円からの逆襲 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます